躁うつ病

躁うつ病は双極性障害とも言われ、躁 とうつの、二つの病相(極)が出現する疾患です。元来、統合失調症と同じ「精神病」に括られていたため、法に依り、厳しくも手厚くもあります。

現在は双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害にわけられ、その違いは躁症状の激しさによります。

アメリカ・スイスなどの研究では、双極Ⅰ型障害の生涯有病率は約0.5%、双極Ⅱ型障害は約1.0%です。日本では、双極Ⅰ型障害とⅡ型障害を合わせても生涯有病率は約0.7%で、特にⅡ型の生涯有病率が約0.1%と過小評価されています。
WHO(世界保健機関)による疾病負担に関する研究では、『双極性障害』はうつ病、統合失調症に続き、3番目に負担の大きい精神疾患です。治りにくいうつ病に双極性障害が隠れている事がよくあり、5人に1人とされます(Perugi. 2012)。うつ病と勘違いする理由は簡単で、辛いうつ症状だけに意識を集中してしまうと、うつエピソードから始まった双極性障害を見抜けないからです。

見分け方はありますのでご安心ください。うつ病との治療法は大きく異なります。
院長は、働く双極性障害の患者さんを多く治療しており、経験が豊富です。一度ご相談ください。

→厚労省による説明