働く人のうつと不安

働く人のうつと不安

就労は業務ストレス、対人関係の摩擦、過重労働による疲労から、うつや不安が生じることがあります。残業を100時間もすれば、うつになるのが普通ですし、ギスギスした職場では楽しめないのが普通です。初めてチャレンジすることは不安ですし、時には不安をコントロールできなくなることもあるでしょう。

直近、大事故に発展したケースでは、1件では過重労働に加え上司との不適切な関係が指摘され、もう1件では遺書があり、いじめがあったとして提訴されています。

一方、会社、上司共にクリーンであり、働くことを楽しめる職場環境が大多数で、通常、就労は適度なストレスとなり、就労者の方がうつ病になりにくいことがわかっています。

 

上記を踏まえ、当院では初診時に就労者がうつや不安に至った経緯をよく聞き、それぞれに応じ、復職に向けたサポートをしっかりと行います。