海外渡航 PCR

海外渡航 TeCOT PCRについて

海外渡航用の検査はすべて自費診療となります。

リアルタイムPCR法、IgM抗体検査が可能で、検査翌日の夕方6時までに陰性証明書発行が可能です。

当院は経産省及び厚労省の海外渡航指定医療機関です。

海外渡航には現在ほとんどの国でPCR検査陰性の証明書が求められます。詳細はTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター) をご参考ください。

唾液および咽頭PCR検査:33,000円(税込)

陰性証明書(日本文):  5,500円(税込)  陰性証明書(英文) : 11,000円(税込)で承ります。

健康証明書(英文)が必要な場合は、追加費用5,500円(税込み)で承ります。

 

中国渡航について

当院は中国政府の指定検査医療機関です。

検査とW陰性証明書発行の価格は49,800円(税込み)です。

2021年7月12日現在、入国に必要な検査は搭乗2日前以内の、咽頭PCR検査と静脈血IgM抗体検査です。
フライト前日の午前に検査、午後に陰性証明書を発行し、20時までに健康コードを申請、翌日フライトというタイトなスケジュールとなります。
そのため、当日中に対応できるクリニックをご紹介させていただきます

ミナミ心斎橋クリニック https://osakacl.com/

中国領事館 新着ニュース2020年11月27日、 健康コード申請要件変更のお知らせ2021年3月1日、健康コード申請要件変更のお知らせに関する説明2021年3月30日をご参考に、最新情報は
中国大使館にてご覧ください。

*受検の時刻については、フライト及び診察状況によりますので、お問い合わせください。
*検査結果が陽性の場合、保健所へ報告する必要がございますので、ご了承ください。