不安症・パニック症

不安症

不安症は、この20年間重視され、生活を障害することが分かってきた症候群です。

全般性不安障害、恐怖症、社交不安障害、特定の恐怖症(人以外)、広場恐怖症、パニック障害等に分類され、それぞれ治療法も少しずつ異なっています。
放っておくとゆっくりと悪化し、生活の質が悪化します。
とりわけ社交不安障害は思春期に発症し、家族以外と接することへの不安から不登校、出勤拒否に繋がり、人生を障害します。

また、二次的にうつ病やパニック発作を起こしやすくなります。

不安症全般については、心理治療でかなり立ち向かえる症候群のため、ぜひご相談ください。

厚労省による説明は、パニック発作に偏り不安障害については貧弱なので、リンクは割愛します。

 

パニック発作

パニック発作とは思いがけず突然起こる、動悸、呼吸のつらさ、強い不安を伴う発作です。

発作とは「症状が突発して間も無くおさまること」なので、長続きはしません。長くて15分~30分以内です。

放っておいても後遺症を残したり生命の危機はありません。

しかし、パニックとは「恐慌」のことで、大変な苦痛を感じ、慌てふためくため、皆様が早々に受診されます。

飲み薬と精神療法で、コントロールできる事が多いです。発作には不安障害やうつ病など様々な原因がありますので、落ち着けば原因を見つけて、その治療に移ります。数年も経てば治ってしまわれる方もいらっしゃいます。

お困りの方はすぐにでもご相談ください。

パニック障害

なかでもとりわけ原因なく、突如パニック発作を起こすものがパニック障害です。

高い所や、電車の中など不安な原因があって起こるパニック発作なら避けようもあるのですが、理由なく起こるパニック発作は本当に恐ろしく、患者さんは次にパニック発作が起こったらどうしよう、と戦々恐々とします。無理もありません。

予期不安

この不安の事を予期不安と言い、予期不安がまたパニック発作を引き起こす悪循環となります。こうなったらまずお薬の治療をすべきです。重度なら入院することもあります。

お困りの方は是非ご相談ください。

→厚労省による説明