パニック症

パニック発作

パニック発作とは思いがけず突然起こる、動悸、呼吸のつらさ、強い不安を伴う発作です。

発作とは「症状が突発して間も無くおさまること」なので、長続きはしません。長くて15分~30分以内です。

放っておいても後遺症を残したり生命の危機はありません。

しかし、パニックとは「恐慌」のことで、大変な苦痛を感じ、慌てふためくため、皆様が早々に受診されます。

飲み薬と精神療法で、コントロールできる事が多いです。発作には不安障害やうつ病など様々な原因がありますので、落ち着けば原因を見つけて、その治療に移ります。数年も経てば治ってしまわれる方もいらっしゃいます。

お困りの方はすぐにでもご相談ください。

パニック障害

なかでもとりわけ原因なく、突如パニック発作を起こすものがパニック障害です。

高い所や、電車の中など不安な原因があって起こるパニック発作なら避けようもあるのですが、理由なく起こるパニック発作は本当に恐ろしく、患者さんは次にパニック発作が起こったらどうしよう、と戦々恐々とします。無理もありません。

予期不安

この不安の事を予期不安と言い、予期不安がまたパニック発作を引き起こす悪循環となります。こうなったらまずお薬の治療をすべきです。重度なら入院することもあります。

お困りの方は是非ご相談ください。

→厚労省による説明