扱える症状や疾患

心療内科 ここにある項目であれば、治療と自助努力によって、少しでも良くなる可能性があります。

内科 リンク先をご覧ください

心療内科

精神障害全般

  • 生きづらい
  • みんなできている事ができない
  • みんなとうまくいかない

うつ状態 うつ病

  • 眠れない 朝早くに目が覚める(不眠)
  • 朝起きられない(過眠)
  • 朝からしんどい 体が鉛のよう
  • すぐに疲れる
  • 気分が落ち込む
  • やる気が出ない
  • 悲しい、涙ぐむ、怒りっぽい、情緒不安定
  • 何も楽しめない
  • 文字やテレビを見ても全然、頭に入ってこない
  • 頭の回転が落ちた、仕事が遅くなった
  • 食べ物の味がしない
  • 食欲がない/食べ過ぎる
  • こんな世の中、無くなってしまえと思う

→詳しく

働く人のうつと不安

  • 家を出れない
  • 会社に行けない
  • 会社を考えると苦しい、近づくと動悸・吐き気がする

→詳しく

不安症

  • 何もかも不安で心配
  • 夕方から肩こり、頭痛がひどい
  • 気持ちがずっと張りつめている

→詳しく

強迫症

  • 嫌な考えが頭の中に湧いてきて、バカげていると思いながらも、安心するためについ何か行動をしてしまう。
  • 汚れや鍵やガス栓がとても気になる
  • 何かしでかしてしまったか不安
  • 何度も手を洗う、変だとわかっていても、鍵やガス栓を何度も確認してしまう
  • 要らないものも捨てられない

→詳しく

社会不安症

  • 人前が苦手
  • 電車に乗れない
  • 視線が気になって、人のいる場所に入れない

→詳しく

恐怖症

広場恐怖

  • だだっ広い場所、逆に囲まれた狭い場所、で苦しくなる
  • 電車、バスはとても不安だが、自分や友人の車なら大丈夫
  • 人混みがとても苦手で耐えられない

—高所恐怖、閉所恐怖、先端恐怖(先が尖っている物)、集合体[幾何学模様、蓮の花など]恐怖などさまざま。 注)生活に支障がなく、いずれかの恐怖(症)を持っているのみならば、治療は不要なことがあります。

→詳しく

パニック発作

  • 死ぬかも、どうにかなってしまうのではないか、と恐れを感じます。突然起きて数十分以内に治まります。時計で測ってみてください。
  • 突然、動悸、手汗、震え、息苦しさ、胸やお腹の不快感、めまい、ふらつき、寒気から混乱状態になります。
  • 再び発作が起きたらどうしよう、と心配で仕方がない。発作を起こした場所などを避けます。

→詳しく

注意欠如/多動症

  • 集中力が続かない 逆に熱中すると時間が吹っ飛ぶ
  • 忘れ物が多い
  • 忘れ物が多い
  • 片づけられない
  • 感情が爆発して物や人に当たる
  • じっとしてられずソワソワする

→詳しく

自閉症(広汎性発達障害、高機能自閉症、アスペルガー など含む)

  • 言葉の意図がわからない。人から何度も聞き返される
  • 相手の表情から考えや気持ちがわからない
  • 空気を読めないと言われる
  • いじめを受けている
  • 決まった通りの手順でないと気が済まない
  • 毎日同じものを食べ、毎日同じことをする。
  • 柔軟さがほとんどなく、論理的過ぎて、全体像を見失っている
  • 正しい事をしているのに、仲間とうまくいかない
  • 論理的にふるまっているのに部下が次々と休職する
  • しばしばクビになる

→詳しく

チック症

  • まぶたがピクピクする
  • 突如、おかしな声を出す、喉を鳴らす

身体症状症(身体表現性障害、疼痛性障害)

  • 検査は異常なしと言われたが、いろんなところが痛く、気になる
  • 内科や耳鼻科、整形外科などに行ってみたが、検査に異常なく、心療内科を勧められた

心気症

  • 体の症状はほとんど存在しないのに、ガンなど、何か大きな病気にかかっていないか、心配でしようがない

躁うつ病、双極性障害

  • 気分の波が普通より激しく、対人関係が長続きしない
  • 人生がバラ色、幸せでしょうがない
  • 急に気前よく、金遣いが荒くなった
  • エネルギーいっぱいで寝なくても大丈夫
  • 仕事が長く続かない
  • 一転、躁の時期が終わると急激に落ち込み、後悔する。

→詳しく

依存症 乱用

[酒や薬など物質依存と、博打、買い物などの行動依存に分かれる]

「わかっちゃいるけどやめられない」が進行した状態

  • 四六時中、酒ばかり飲んでいる
  • 飲み始めると眠るまで飲む
  • 一杯だけと決めていても守れない
  • ギャンブルがやめられない
  • キャバクラや性風俗通いが止まらない
  • 使いもしないモノを買って後悔する
  • 身内や友人から心配されている
  • 何度もやめようと誓っているが、やっぱりやめられない

病状によって専門医療機関にご紹介いたします。

統合失調症

  • サトラレ。考えていることが皆にばれている
  • 何かに圧迫されたり、誰かに狙われたりしている
  • いない人の声が聞こえる
  • ずっとひとり言を言う
  • 自分の考えを人に言っても信じてくれない
  • 自分や他人の声が頭の中で聞こえる
  • 監視や盗聴されている

→詳しく

ひきこもり症候群(医学病名ではなく、社会病名)

  • 仕事や学校に行かず、家や部屋にこもってずっと出てこない(6か月以上続く)
  • たまに外に出るが他人との交流はほとんどない。(コンビニに買い物程度はできる)
  • 友達はいない。ネット上の仮想の繋がりはあることも。
  • 身なりも不潔、髪やヒゲに気を配れず、風呂にも入らなくなる。

てんかん

意識を失ったり、感覚の異常や思考の混乱がおこる。発作時の事を思い出せなかったりする。
体がグーッと固まった直後に、ビクビクと痙攣発作を起こす事もあり、多種多様なため、神経内科か脳外科で脳波検査が必要。
精神症状を伴う事が多く、その際はてんかん発作を治療する神経内科か脳外科と、精神科の2つで診てもらうとよい。

認知症

  • 物忘れ。さっき言った事も忘れている
  • 約束や待ち合わせを間違う
  • 冷蔵庫に同じものばかり入っている
  • お釣りを間違う 千円札や一万円札でばかり支払う
  • 道に迷う
  • 生活で、できない事が徐々に増えてきた
  • 不具合を指摘すると取り繕う
  • 性格が大きく変わった(怒る、キレる、涙もろい、ずっと楽しそうにしている)
  • 幻覚、物取られ妄想、うつ、興奮などありとあらゆる精神症状が起こりうる

→詳しく

せん妄

  • 脳が傷んだ後(認知症や出血後で弱っている脳)に、環境の変化や、身体状態の悪化、体に合わない薬などによって、頻繁にみられる意識障害と精神症状
  • 内科、外科、整形外科の入院中に多く見られる

→詳しく

高次脳機能障害に伴う精神症状

同病名は厚労省が行政上の疾患区分として導入した概念です。さまざまな原因による複数の疾患が含まれます。
脳損傷が原因の認知障害全般を指し、 この中には巣症状としての失語・失行・失認のほか記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などが含まれます。
脳外科、神経内科などで病因の検索が済んでおり、この疾患による精神症状にお困りの方はご相談ください。

高次脳機能障害情報・支援センター